住まう人の立場に立ったUR賃貸の管理体制

住まう人の安全を考えた管理を行ってくれているので様々な面でのサポートを見えないところからもサポートしてくれているのがUR賃貸です。

大まかに7つのサポート体制で緊急時や毎日の生活を管理してくれています。

住宅の管理を行ってくれる『住宅管理センター』では管理事務を取り仕切ってくれており日本全国に27箇所設置されUR賃貸の管理を行ってくれています。

この住宅管理センターはサポート体制の総括所とも言うべき位置にありすべてのサポート体制機関の最終地点であり一括して情報を取り仕切っています。

管理サービス事務所では窓口案内を行ってくれるものを配置し管理連絡員や緊急連絡員を統括してくれます。

管理連絡員とは実際に住む団地の事務的書類の受け渡しや集会所の管理、鍵の受け渡しなどを行い、緊急連絡員は緊急時の通報などを執り行ってくれています。

そのほかに『緊急事故受付センター』を設置しており緊急時の事故対応を管理センターと共に行ってくれます。

他にも高層住宅の監視を行ってくれる『監視センター』や、警察、消防、電気、ガス、エレベーター管理などを現地住宅センターを通してもやりとりを行っておりこれらすべてのサポート体制の管理を住宅管理センターを通じてUR営業所6営業所、UR賃貸の本部へと通されています。

長く管理、維持を行ってきたからこそできるUR賃貸の住まいの決め手にもなる重要な部分でしょう。

  • Posted on 16. 2月 2014
  • Written by admin
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.