時代のニーズに合わせた住宅のIT化を進め環境の整備もUR賃貸では既に行われています。

多様化していく一方のライフスタイルに沿って様々なインターネットの利用方式を取り入れています。

超高速インターネットに対応出来る『住宅内LAN方式』では光回線を配備して住居内のLAN差し込み口に接続すればインターネットの使用が可能になります。

同じく超高速インターネットに対応が可能な『VDSL方式』を取り入れた住宅でもモデムなどを設置することによってインターネットの利用が可能になります。

その他にもテレビの端子にモデム端末などを接続して高速インターネットの使用が可能な『CATV方式』、電話端子に接続して使用ができる高速インターネットに対応可能なADSL方式など住んでいる団地などの環境によって使用する方式の選択が可能です。

(すべての方式からお好きな方式を選べるわけではありません。)

これらのインターネット使用環境に関する情報はUR賃貸入居者に向けた『探知別利用可能方式一覧』を配布されていますのでご自分の住まいで使用可能か方式を確認することができます。

また、UR都市機構ではUR賃貸において平成13年以降から積極的により使用ストレスの少ないインターネット環境を整えるように整備を進めているので今後も使用可能の幅が広がることか予想されるでしょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.