地震大国日本と言われる日本では住まいに関する地震の耐久性も家を選ぶ際に重要なポイントです。

災害はいつ発生するかわからないため賃貸であってもその地震の耐久性には関心が高いチェックポイントとなっています。

平成7年に法が施行された『建築物の耐震改修の促進に関する法律』によってUR都市機構の管理するUR賃貸でも地震などの災害に対する安全工場を図るべく現在賃貸を行っている住宅に関して耐震改修や耐震診断を積極的に進められています。

法律施行前に建設された建物に関して法に沿った強度や環境を整えていくため『耐震診断』→『耐震改修の可否判断』→『改修計画の策定』→『補強効果の確認』→『補強効果の確認』→『現地での調査』と経て実際に現地の建物の補修、改修、を行うので綿密なプロセスを経て改修工事へと進んでいきます。

また改修に関しては改修後に入居者への動線が妨げられることのないように動線に関しても綿密な調査の元行われているそうです。

また、増壁時には明るい建物となるように採光も考えられており必要であれば光が差し込むよう窓などの設置も行っているので耐震改修で建物の環境イメージのアップも図れます。

これら以外にも住宅の住まいに関する補強だけではなく高架水槽の耐震改修工事や高架橋の耐震補強も積極的に行われているのでUR賃貸は団地内全体が法に沿った補強や改修を進めているので年数を経た団地でも安心して住むことが出来ることと思います。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.