建物完成時には時代の最先端に立っていても年数を経てくると町並みと調和できなくなったり、建物の印象が暗く感じてしまったり時には地域周辺の土地の利用や環境整備に対して時代の波に乗り遅れてしまい生活する環境にしてはいくつもの不便なことが生じてきてしまいます。

UR都市機構ではUR賃貸物件にそうした住環境の不便や不都合をも改善すべく積極的に屋外の改修屋改築、時には増築などを行っています。

ますます個人所有が増え、郊外などでは一人1台の所有も当たり前になりつつある中増えてくる車に対して駐車場の環境を整えて基盤整備を行ってくれます。

また、自転車置き場の整備や多目的スペースの整備、通学、通園路の整備、団地内の環境の一環として植えられている花壇などの整備も行ってくれています。

また、高齢化社会に対応すべく、住宅内に設置されていた階段を緩やかなスロープに改修を行うことで高齢者や障がい者への生活の整備も整えられているので安心して長く住むことが可能となります。

また、UR賃貸では景観保全の取り組みとして団地内に設置されている木々や植木などの整備も執り行われているので見た目にも団地内が明るく健全な印象に生まれ変わる団地がいくつもあり、長年住むからこそ、こういった環境を整えてくれるのは嬉しい変化です。

関連サイト:バリアフリー住宅のポイント ::: Living Design Center OZONE

  • Posted on 5. 1月 2014
  • Written by admin
  • Categories: 周辺環境
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.